転職しやすい将来が有望な仕事

正社員になりたい!転職しやすい将来が有望な仕事

介護の仕事ってどんな仕事?【仕事内容まとめ】

   

介護の仕事ってどんな仕事?【仕事内容まとめ】

介護の仕事内容

介護の仕事と言ってもその内容は多岐にわたり、資格を必要としないものから、ホームヘルパーの資格を必要とするものまであります。仕事の量で言えばホームヘルパー2級以上が望まれるものが多いので、長く働くなら取得も視野に入れておきましょう。

働く場所としては以下のような施設があります。

【介護の職場】

  • 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  • 介護老人保健施設
  • 有料老人ホーム
  • 認知症グループホーム(認知症対応型共同生活介護)
  • デイサービス(通所介護)
  • デイケア(通所リハビリテーション)

働く場所によって仕事内容に微妙な違いはありますが、基本的には『身体介護』『メンタルケア』『相談・指導』の3つです。

身体介護

介護の仕事と言って一番最初にイメージされるのが『身体介護』だと思われます。着替えの補助や食事の補助、入浴の補助、排泄の補助などですね。それから、手足が不自由な方の場合はベッドからの起き上がりや歩くときの補助なども行います。

また、訪問介護や在宅介護の場合はは部屋の掃除・身の回りの整理整頓・洗濯・買い物など、普段の生活で必要なことも介護士が行います。

メンタルケア

話し相手になったりレクリエーションなどで交流を深めるのも介護の大切な仕事。利用者に精神的にも安らぎを与え、日々の生活をよりよいものにサポートしていく必要があります。

相談・指導

利用者やその家族に介護の方針をアドバイスしたり、相談に乗るのも介護士の仕事。普段の生活のアドバイスから介護用具の使い方、自宅で介護をする際の注意点などを教えます。

介護仕事は資格の種類によっても変わる

これから初めて正社員として介護仕事に携わりたいと考えている方の中には「資格って持ってたほうがいいの?」と疑問に思われている方もいるはず。資格の有無による仕事内容の違いは、資格を持ってない場合に入浴や排せつの補助、メンタルケアなど専門的な仕事が一部制限されてしまうこと。

食事の準備や掃除など、ある意味では誰でもできる簡単な仕事内容が主となります。初めての人には楽な気持ちで働けるメリットはありますが、仕事が制限される分給与も少なくなってしまいますので、やはり長い目で見れば介護士としての資格を取得しておいた方が何かと都合がいいです。

少子高齢化に伴い、これからますます必要とされる仕事でもあるので、資格を取得しておけば長く安定して働くことが可能です。

 - 福祉の仕事